So-net無料ブログ作成

小保方晴子(おぼかたはるこ)【理研】が新型万能細胞を短期で作製することに成功 [科学ニュース]


スポンサードリンク



今テレビ朝日の「報道ステーション」を見ていたのですが、
驚くべきニュースが入ってきました。
それは理研の小保方晴子(おぼかたはるこ)さんがiPS細胞に続く第発見である
万能細胞を短期で製作することに成功しました。
新型万能細胞ともいわれていますね。



スポンサードリンク



まだマウスでの研究段階ということですが、今後人間の細胞への応用に期待ができます。
もし成功すれば病気や事故で失った機能を取り戻すことができます。
研究成果自体もスゴイことですけれども注目すべきは他にもあります。

それはユニットリーダーである小保方晴子さんはわずか30歳という若い女性ということです。
しかも研究者のイメージとはかけ離れた小柄で可愛らしい方だということ!

最初映像を見たときは広報の方がとりあえず話しているのかな?
と思ったのですが、この方が万能細胞研究のリーダーだったのですね(笑)

でもiPS細胞の山中伸弥教授も気さくで面白い方だし、
もう研究者のイメージははるか昔のものなのかもしれませんね。

でもこのルックスからすると研究よりも小保方晴子さん自体に
注目してしまうかもしれませんね。

私も気になりますが(笑)マスコミの方はしっかりと研究の方も分かりやすく
世間に伝えてもらいたいものですね。

しかし、日本の再生医療の研究はすごいですよね。
もし実現できれば病気や怪我で苦しんでいる人を助けられるし、
万能細胞による再生医療ビジネスで経済が良くなるのではないでしょうか?

それほど理研の小保方晴子さんの偉業は素晴らしいと思います。
万能細胞を短期で作製に成功したことは実用化に大きく前進したことになりますから。

是非国は再生医療の予算を増やしていただきたいですね。
更なる万能細胞研究の発展に期待です!



aikon.png


スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。